東京オリンピックとフーコー

フーコーの「汚名に塗れた人々の生La vie des hommes infames」(Foucault[1977=2000])という小論は、フーコーが言葉というものにいかなる視線を注ごうとしているのか、非常に端的に示しているという点において、貴重なテクストである。

このテクストはよく知られるように、17~18世紀(古典主義時代)の言説を、「慎重に構成された、明確に確定された目的めいたものを持たないままに」収集構成した選文集の序文である。フーコーはその冒頭、次のような18世紀初頭の収監請願承認文書を示し、この「《ヌーヴェルnouvelle[短編小説/ニュース]》が、二百年の時と半ばの沈黙を超えて突如現れた時、普通に文学と呼びならわされているもの以上に私は心の琴線を揺さぶられた」と語る。

 マチュラン・ミラン、一七〇七年八月三十一日シャラントン施療院収監――〈絶えず家族から身を隠し、林野で世に埋もれた生活を送り、夥しく訴訟を起こし、高利で金を貸しつけ資産を遣い果たし、その哀れな心を 見知らぬ街路に彷裡わせつつ、より大なる事業を行い得ると自らに信じ続けるところ、この者の狂気を認む〉」。
 「ジャン・アントワーヌ・トゥザール、一七〇一年四月二十一日ビセートル療狂院収監――〈棄教せるフランシスコ派修道僧、謀叛人、より大いなる罪科の可能性あり、男色者となり或いは出来得れば無神論者とも成り得んか――冒涜の怪物、この者を自由のままに放置せしよりも抹消せむことを厭うことなし〉。

なぜかと言えば、これら言説がまさに「強度intesité[intensity]」を持つから。

ここで扱う十七世紀と十八世紀のテクストは(とりわけ、それに引き続くことになる行政と警察の陳腐さにそれらを比較して見ると)或る閃光éclatを放っている。それらは行文の周囲に一種の輝きと暴力性を示しており、それが、少なくとも私たちの目には、扱われる事件の倭小さやその意図の何とも恥ずべき凡庸さと対照を成している。そこでは哀れなほど卑小な生が、それらをもっとも悲劇的なものにふさわしいと思われる呪詛と誇張を以て書き込まれている。おそらくはコミカルとも言うべき効果。さして意味もなく珍しくもない無秩序の周囲に、天と地に満てる荘重さで貫かれたような言葉の力を動員するその様子には、何がしかの頓狂さがある。

そして、ここからフーコーが問いかける問題はこうである。「古典主義時代における、日常的なものを巡るかくも誇張された演劇化は何故のものなのか」、と。これに対するフーコーの回答は端的に言えば、君主権力の出現とその日常生活への接触の故、である。フーコーは、言説の強度――つまりある種の言葉の様相――の中に、言説の強度として、言説の強度に関わる権力を見た。

日常的なものに対する権力の関わりとして、キリスト教世界は、その大きな部分を、告解の周囲に形成して来た。………ところでしかし、十七世紀の末と指定し得る時期以降、その告解のメカニズムは機能のまったく異なる別のものによって枠付け直され、拡張されて行く。もはや宗教的配置ではなくて行政的配置。すなわち、許しではなくて記載。………すなわち、告発、嘆願、尋問、報告、密告、調書。そして、これらを通して語られたものはすべて文書に記載され、集積され、ファイル記録や保存文書を形成することになる。自ら消滅しつつ過誤を消滅させるものとしての懺悔的告解、そこにおける声の一回性と瞬時性は、以降複数の声によって置き換えられ、文書の膨大な集積の中に配置され、かくして、世界のあらゆる諸悪の絶え間ない蓄積とともに、時を通して一種のメモワールを形成して行くことになるのである。悲惨と過誤からなる微細な悪はもはや、告解のほとんど聞き取れない声の信任によって天へと送り届けられるということはなくなる。それは書き取られた痕跡のかたちで地の上に累積されて行くのである。そこにあるのは権力とディスクール[言説]と日常との間に打ち立てられたまったく別のタイプの関係であり、日常を支配し書式化するまったく別のやり方である。日常の生に対する新たな演劇化が生まれる。そのための最初の用具は、アルカイックだがすでに複雑化したものであり、それについてはご存じの通りである。すなわち、請願書、監禁命令封印状或いは王の命令、それに応じた多様な監禁、報告書、警察の決裁書。………

言うまでもなく、権力は晩年のフーコーの思考の核心である。「汚名に塗れた人々の生」というテクストはその権力の問題への通路を指し示したものとなっている訳だが、ここで注目すべきはその通路が言説の強度という問題において開かれているということである。多くの研究者の目には言説の強度などという問題は些末と映るかもしれないが、フーコーにおいて、言説の強度という問題は決して些末な問題などではない。私たちがフーコー‘とともに’考えようとするなら、どれほど些末と思われようとこの問題を真剣に考えねばならない。

 

☆゜。*.★゜。*.☆゜。*.★゜。*.☆゜。*.★゜。*.

 

東京オリンピックに関わる(関わった)、現代の「汚名に塗れた人々の生」を、永遠に記録しようとするかのように、閃光を纏い、過剰な強度を示しつつ、ネット上に参集、集積する言葉たちを見て、ふと、フーコーを思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献

昔、ある論文集に寄稿した際、編者の――今はもう勇退されてしまった――ある先生に、膨大詳細なコメントをもらうと同時に、海外参考文献のページが違うと指摘されたことがあった。

出版記念パーティで会った際、「寄稿論文全部、参考文献参照ページを調べてるんですか?」と聞いたら、あっさり「うん、編者だからね」と当然のように言うので、驚くとともに、まさか参考文献のページなんか誰もわざわざ見ないだろうと、高を括って適当に書いていた自分が恥ずかしかった。

編集裏話を聞くと、寄稿依頼をしながら、内容のレベルが低いというので掲載を見送ったものがあると、これまた何気なく言うので、これも驚いた。

この先生には、翻訳を頼まれたときには、文末表現(「~だ」「~である」「~のである」)の使い方を随分注意された記憶もある。

自分とは理論的には論争相手だったが、学問に対する厳格さではまったく頭が上がらなかった。

今こんな先生はいるのだろうか?

 

 

特に海外参考文献は昔と今とではその機能がまったく異なってしまった。

昔、読み手は、論文に挙示される海外参考文献とそのページを、よっぽどのことがなければ、調べなんかしなかった。

持ってない本をわざわざ図書館に行きそのページを調べるなんて、持っている本だったとしても埃にまみれた本を引きずり出してきてページを探すなんて、よっぽど自分の研究と関係しない限り、しなかった。

海外参考文献はとりあえず並べることで、もっぱら筆者の権威を高める機能を果たす装置だった。

でも、今は違う。

読み手は、論文を読みながら、‘ちょっと’気になる海外参考文献があれば、どんな本、どんな論文でもネット上で即座に見ることが出来るし、その本、論文の中を自由自在に検索も出来る。

「こんな文献、誰も持ってないだろうし、見ないだろう」なんて通用しない。

だから、軽い気持ちで適当に訳す、適当にまとめる、適当に引用する・・・なんてことをすれば、即座に書き手としての能力を疑われるリスクが生じる。

今や、海外参考文献は、筆者の権威を失墜させる機能を格段に上昇させた、危険な装置である。

 

 

真面目に論文読むと、これが結構あるんです。今日も・・・(残念)。

海外参考文献、軽い気持ちで、適当な要約とかすると能力を疑われます。並べればいいってもんじゃありません。お互い、気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翻訳

翻訳にはいくつか閾というものがあるように思います。

a;どうにも翻訳文に違和感があって原文を確認したくなる地点。

b;どうにも翻訳者に信頼が置けなくなって原文を読み始める地点。

大概はaあたりで止まるんですが、あまりに頻繁にaに遭遇したりすれば徐々にbに移動するし、あまりにひどい誤訳に遭遇すると、いきなりbに移動することもあります。

 

最近久しぶりに後者を経験しました。

 原文

Button (1993) speaks, for example, of the 'disappearing technology', where the social sciences posit tools, artefacts, objects etc. as the topic of interest, but analytically disregard how technologies are embedded in the practical accomplishment of social action and interaction

翻訳

例えば、Button(1993)は、社会科学が道具や人工物、物体等等を関心の的として捉える領域である「消えつつある技術」について言及しているが、いかに技術が社会的行為や相互行為の実践的遂行に埋め込まれているかということについては分析の対象外としている。

「speaks」と「disregard」を並列で訳してます(並列なら「disregards」のはずなのに)。これじゃ、Buttonさんはお馬鹿さんです。一応有名大学の先生がこの訳をするかな・・・。ひどすぎます・・・。

しかも、この訳者、句動詞「orient to~」が訳せません。

原文

Both patient and doctor are not only sensitive to the use of the system, but sensitive to how the other orients to its use

翻訳

患者と医者の双方ともそのシステムの利用に敏感なだけではなく、他者がその利用をいかに方向付けるかということにも敏感である。

「orient O (to~)」と勘違いしてます。「orient to~」、頻出なんですけど、その度いらいらします・・・。

 

今日、別のある本をぱらぱらと見ていたら、こんな引用が・・・。

翻訳引用(「」内)

エスノメソドロジー研究者は「社会現象の性質を『発見(discovery)』したいという志に動機付けられており、社会のメンバーにとって既知であるもの(実践的な出来事に熟達するという形で「知られている」もの)の『再現(recovery)』に着手した」記述を行う

原文

It is not motivated by the aspiration to make discoveries about the nature of social phenomena, but to undertake the recovery of what is already known ー but is `known' in the form of competent mastery of practical affairs ー to the
members of society.

「recovery」を「再現」とするのも、「to undertake」を原文の修飾関係を無視して引用するのもひっかかるんだけど、そんなのもちろんどうでもいいことです。だって、「not」の見落とし・・・むむむ。

というか、日本語書いていて、気付かなかったかな・・・。まあ3年も前の本なんで、筆者(pl)(+編者) 、さすがにもう気付いてますよね(?)。

2刷りが出るのであればその時修正すればいいんですけど、この本、出版社の都合で2刷りは絶対出ないんですよね・・・。修正するチャンスは永遠にない・・・。アーメン。

 

 

翻訳って恐いですね。

 

 

 

 

 

論理の実践

学説史的関心が旺盛なEM/CA研究者は多いが、彼らに関してどうにも疑問なのは、彼らが、様々な社会学文献、哲学文献に展開される議論の論理構造に対して、およそEM的な知的訓練を受けた人間とも思えぬ、恐ろしくナイーブな態度を取っていることである。

彼らは様々な文献――EM文献、社会学文献、現象学文献、分析哲学文献etc――の論理構造を抽出して比較考量し、同じだとか違うとか、影響関係があるとかないとか、延々と議論する。まあ、学問なんて突き詰めれば、好き嫌いだから、そういう趣味の人がいてもいいとは思うのだが、その趣味をもって「私はEMのエキスパートです」みたいな顔をされると、「それって大切だけど、EM研究者にとっては余技でしょ」とか思ってしまうわけで・・・。やっぱり、余技をするときは所詮余技という自覚を持って欲しいなと思う。

 

彼らが勘違いしてしまう理由を昔から考えているのだが、論理(議論の論理構造)に対するEM的態度というものを理解していないからではなかろうか?、と最近は考えるようになった。

EMにとって、論理は理念であり抽象であって、いかなる場面においてもその具現化は実践的達成である。あらゆる文献はこの実践的達成に指向している。そこでは読み手に対するデザイン(受け手デザイン)が駆使され、効果的な図表、トランスクリプトが配置され・・・つまりは様々なワークが組織される。例えば、「最初に、テーマに関する過去業績のサーベイを行い、次いでトランスクリプトを配置して、非明示的にそのトランスクリプトを自らのテーマに沿って読めという教示を行う」なんて、EMCA文献にありがちだが、これはワークによる論理の立派な達成だろう。

論理とはワークによる達成であり、まずそのワークにこそ注意を向けてこそEM研究者を名乗れると思うのだが、様々な文献(EMCA文献を含む!)に対して、日本のEMCA研究者はこうした注意関心を向けることができているのだろうか? ‘EMCAの’論理はトランスクリプトの配置に負うところが非常に大きい。効果が絶大なので、とりあえずトランスクリプトを載せておけばいいや(EMCA文献として読んでくれるだろう)と考える人間が大量に現れるのはよく分かる。しかし、ワークとしてトランスクリプトを考える人間がいてもいいのではなかろうか?(・・・ということを5年以上前から言っているのだが、反応してくれた方は片手で数えられるほど。)

 

実践の論理はもちろんだが、論理の実践がもっと考えられていいと思う。

 

EMは消滅してしまったのか?

ガーフィンケルの『EM研究』出版から半世紀経ったわけだが、ここ数年、EM大御所がEMの現状に関して恐ろしく悲観的な論考を発表している。

今年、シャロックの退官記念論文集に寄せたリンチの論考も悲観的だった。EMにとってよかれと思って論争をしようとしているのに、現在のEM業界では、内部抗争を引き起こすものであるかのように扱われてしまう――というリンチの暗澹たる気持ちがそこには書かれており、読むのがつらかった。

 しかし、何よりも衝撃的だったのは、シャロックが退官したその年(一昨年2017年)にアンダーソンとの連名で発表した、「EMは消滅してしまったのか?Has ethnomethodology run its course?」というタイトルを持った論考だった。

 ある程度年をとったら金太郎アメのような、あるいは「昔の名前で出ています」のような、似たような論文しか書かない(書けない)研究者ばかりという日本の知的風土に生きている人間としては、定年退官しようという人間がまったく守りに入らず、最後まで攻めに攻める超攻撃的な内容にすがすがしさすら感じるラディカルな論考なのだが、一言で言うと、現在のEMをなで切りである*。「EM的に触発されたエスノグラフィethnomethodologically informed ethnography」とかぬかして、がらくたみたいな論文書いてんじゃねーよ・・・って具合に。いや、本当に。

*CAはそもそも相手にされていない。注に以下のようにある。「我々の問題はガーフィンケルの研究により具体化された探求の様式としてのEMである。我々はこの課題にCAを含めない。CAがEMにその起源を持つことは知っているが、CAは長く独自の道を歩んできた」。日本では通用している「専門はEM/CAです」なんて自己紹介は通用しないということを、日本の「EM/CA」研究者は思い知るべきだろう。

 内容は難解極まるので簡単な要約を許さないが、シャロックらの提言の核心は「EM的態度をEMのワークそれ自体に差し向けろ」というものだ。日本のEM/CAの専門家(とやら)は、このシャロックが退官に際して残した論考を読みこなして、この提言を受けとめ、自らその意志を継ぐ覚悟があるだろうか? ないだろうな。

 

個人的には必読と思うので、宣伝として以下に冒頭(プロローグ)の抄訳を書いておく。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

プロローグ

この論文は、書く気をなくさせる論文だった。主題はEMにおける現在の探求の欠陥である。我々は好き好んでそう言いたいわけでもないし、好き好んで言わねばならないと感じているわけでもない。しかし、我々は、EMは沈滞し、分析的に、刺激も興奮も失っていると感じている。………我々が望んでいるのは、EMのエネルギーを再方向付けし、そのワークを再活性化する方法に関するEM内の論争を促すことだ。その論争を通じて、我々は、我々がここで明らかにする事実に説得されることはない者であっても、我々の提案に価値を見出してくれることを願っている。

最初に、最重要なことだが、我々は、EMが根本的に、修復不能に欠陥を抱えているなどと言いたいわけではない。今日出版される多数の業績を見ると、EMは道に迷っているように見えるのだ。かつてその駆動力だったもの、その使命だったもの、その存在理由だったものは、我々が記述する特徴のアマルガム、複合体によって、部分的に取って代わられてしまった。我々が今目にしているのは、我々が最初にEMに出会った時発見したEMではないし、そして間違いなく、我々がEMがそうなるであろうと想像していたEMではない。

 第2に、量に注意する必要がある。我々は、圧倒的多数の発行される研究の量について語っているのであって、個々すべての研究について語るわけではない。無論、優れた研究もある。だが、それは発見するのが極めて困難だ。発行される量からして、EMは疑いなくブームだ。問題は、ますます増殖している、ありきたりで、平凡で、退屈なものに対する、洞察に富み、観察鋭く、特徴あるものの比率であって、我々を悩ませるのはまさにこの比率の低下なのだ。もし我々がグレシャムの法則が学術研究には当てはまらないと考えるなら、我々はバカ者だろう。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/